【虹プロジェクト】ミイヒ贔屓で冷めた?嫌い?JYParkに批判大殺到の理由とは

TWICEを生んだ韓国JYPエンターテインメントとSONYが合同で手掛けるオーディション番組「虹プロジェクト」の盛り上がりが凄い。

特に、歌唱力・ビジュアル・ダンスどれも高いレベルにあり、デビュー確実と言われている「ミイヒ」(鈴野未光)の注目度が日に日に増しています。

一方で、総合プロデューサーのJYparkが「ミイヒ贔屓(ひいき)」すぎて、冷めた!という声も多く挙がっています。

今回は、JYParkがミイヒ贔屓と言われる理由について、調べてみました。

スポンサーリンク

【虹プロジェクト】ミイヒ贔屓で冷めた|視聴者の声をピックアップ

ミイヒにメロメロのJYpark(引用:twitter)

「虹プロビェクト」放送後、Twitter上では、ミイヒへの応援コメントがある一方で、「ミイヒ贔屓(ひいき)」を感じた視聴者の投稿も目立ちました。

ミイヒで検索すると候補ワードで「ミイヒ ひいき」と出てきたりします。

まずは、生の声をピックアップ致します。

「ミイヒ嫌い」まで感情が振れた厳しい意見もありますが、大多数の視聴者はミイヒの実力を認めているようです。

たしかに、客観的に見て、歌唱力・ダンス・スター性、どれをとっても虹プロジェクト練習生内で頭一つ抜けている印象です。

では、なぜこのような声が挙がっているのか。

その理由を、視聴者の声から探ってみた結果、、

総合プロデューサーのJYpark(パク)さんの行動・態度で「ミイヒ」がお気に入りなのが、あからさまに伝わってくる

「ミイヒ贔屓(ひいき)」批判の原因は、これですね。。

スポンサーリンク

【虹プロジェクト】ミイヒ贔屓で冷めた?嫌い?|JYParkに批判が殺到中!

ここからは「ミイヒ贔屓」と囁かれる原因となったJYparkさんの

ミイヒ大好き発言や行動

について振り返っていきたいと思います。

【虹プロジェクト】ミイヒ贔屓で冷めた?嫌い?|JYParkへの不満(1) 呼び方

miihi jypark
ミイヒが大好きなJYpark

虹プロジェクト韓国合宿の個人レベル分けテストに登場したミイヒ。

その冒頭でJYparkさんから気になる発言がありました。

【実際の動画】

JYpark
次の参加者~?
JYpark
(緊張気味で)はい!
JYpark
あっミイヒさんですか??

ここで、気になるのがミイヒの呼び方。

JYParkさんは、他の練習生に対しては「○○さん」ですが、ミイヒだけ「ミイヒちゃん」って呼んでいます。

(テロップ上は「さん」になってますが)

これを聴いた視聴者は、「ミイヒが特別扱いされてる」と感じたのでしょう。

たしかに、その後の「笑顔」や「目線」を見ていると、明らかにお気に入り感が伝わってきますね。

スポンサーリンク

【虹プロジェクト】ミイヒ贔屓で冷めた?嫌い?|JYParkへの不満(2) 課題が不公平

虹プロジェクトの個人テストやチームミッションの課題曲が他の練習生に比べ「ミイヒに有利なんじゃないか?」と言われています。

これは、JYParkさんへというより、虹プロジェクトのオーディション課題に対する視聴者の不満になりますね。

■個人レベル分けテスト■

【視聴者の声】

〇他の練習生と比べて、ダンスが殆どなく振付も簡単。ほぼ、スタンディングで歌うパフォーマンスなので、ミイヒ得意の「歌」が安定的に輝く構成なのでは?

〇一方で、例えば、2位のマコは激しいダンスと歌を両方こなす構成だった。それでも、安定したパフォーマンスだったので、総合的にみるとマコの方が良かったのではないか?と思う。

〇あかりちゃんは、ミイヒと同じくらい歌唱力あるのに。ダンスも一生懸命踊って課題をこなしてるのに「歌が不安定だった」という評価は、公平性に欠けて可哀想。

たしかに、歌に特化したミイヒの方が「歌唱力」をアピールできる条件ではありますね。

■チームミッション「TT」(TWICE)■

【視聴者の声】

〇他のグループは「韓国語」なのに、ミイヒのTTグループだけ「日本語ver」さらに、ダンスの振付もわりと簡単。

〇他のグループと比較し、歌とダンスの難易度に大きな格差があるので、平等に評価できないと思う。だけど、高評価を獲得していたので、「ミイヒ贔屓(ひいき)」だと感じた。

オーディションの観点で見ると、他のグループと課題の条件に偏りがあるのは公平性に欠けますね。

ちなみに、JYparkさんの評価↓↓

ミイヒの歌唱力はずば抜け安定していて、高評価なのは頷けます。

しかし、ここまでハッキリ他の練習生との評価が分かれると「お気に入りなんだろな」という感情を抱いてしまいそうです。

スポンサーリンク

【虹プロジェクト】ミイヒ贔屓で冷めた?嫌い?|JYParkへの不満(3) とにかくデレデレ

JYparkさん、ミイヒを見るときは、デレデレが凄いと噂になってます。

またプロデューサーでありながら、ミイヒの可愛さを認める「オタク」的な発言もありました。

韓国合宿チームセッションのメンバー選定時、『可愛いものの中でも、一番可愛い』と発言。

ミイヒだけでなく、アヤカ、リマもビジュアル面でお気に入りなのがわかります。

もうオーディションなの忘れてませんか?(笑)完全にファンのようなニヤニヤ顔です。

スポンサーリンク

【虹プロジェクト】ミイヒ贔屓で冷めた?嫌い?|JYParkへの不満(4) 他の練習生に厳しい

JYpark (引用:twitter)

他の練習生に対する評価がミイヒより厳しいという声も多く挙がっています。

特に「ニナ」「リマ」に対する厳しいコメント・塩対応っぷりと比較すると、ミイヒに甘々すぎる!というものです。

練習生内で誰も真似できない透き通った高音ボイスと歌唱力を随所で魅せてきたニナ。

ミイヒと殆ど実力が変わらないように思えますが、ニナに対する評価・順位はかなり厳しい結果でした。

また、Zeebraの娘・リマに対する評価も厳しいとの声も。

着実に成長の跡が見られると高評価でしたが、キューブを獲得できませんでした。

この結果に、スッキリ司会の加藤浩次もこの評価に不満顔でコメント。

「なんなの」「カラすぎ(厳しすぎ)でしょ」と納得できない表情を浮かべる。いまだ3名しか手にしていない「Niziキューブ」について「キューブ、カラすぎませんか?」(引用:SIRABEE)

また、ミイヒを含む他の獲得者と遜色ないのにどうして?贔屓?という思いを持った視聴者もいたようです。

もしかしたら、JYparkさんは練習生1人1人に対して「超えて欲しいハードル」を持っていて、そこと比較して「どれだけ成長したか?」を評価してる可能性があります。

或いは、リナとリマは、そもそものハードル=期待値がかなり高いのかもしれません。

但し、その部分は、視聴者には見えない上、公平なオーディションとして見たい視聴者としては、心がモヤモヤする評価のようです。

JYparkさんは、「虹プロジェクト」総合プロデューサーを務めているので、最終判断を一任されます。

その過程で、人間なので「好み」も当然出てくるのは致し方ない部分もあるかと思います。

ただ、虹プロジェクトは、公開オーディションという形式なので、公平に「見える」ジャッジを求めたいのが視聴者の素直な気持ちでしょう。

スポンサーリンク

【虹プロジェクト】贔屓の声に疑問!ミイヒ擁護派が圧倒的に多い!

ここまで、虹プロジェクトが「ミイヒ贔屓すぎて嫌だ」というネガティブな意見を取り上げてきましたが、実際、割合的には、ほんのわずか。

むしろ、JYparkさんと同じように魅了され、デレデレになってるファンも多く、さらに「贔屓したくなる気持ちがわかる」という発言も見られます。

贔屓を肯定する視聴者の声

〇見てて思わず笑顔になる
〇生まれ持ったのアイドル性・華がある
〇他の練習生より「歌唱力」が圧倒的
〇自分の魅せ方が上手い

ビジュアル・幼少期から磨いてきた歌唱力・スター性などに優れているのは事実で、ミイヒには「人を贔屓させたくなる実力」があるのでしょう。

【Twitter投稿を抜粋】

これは、まだまだほんの一部

ミイヒを応援するファンの温かい声が多く、『贔屓ひどい→嫌い』と感じる視聴者は、ほんのわずかでした。

スポンサーリンク

【虹プロジェクト】贔屓の声に疑問!JYparkさんに対する批判の声が多い

逆に、プロデューサーのJYparkさん対して「辛口」コメントの方が目立ちます。

「ミイヒ贔屓」・「ミイヒ嫌い」などネガティブな声が聞こえてくる原因は。。

JYparkさんの胸の内 (ミイヒ大好き!!)があまりにも「ダダ洩れ」しすぎていること

これに尽きます。

えこひいき炎上の終息は、JYparkさんの頑張りにかかってますね。(笑)

虹プロジェクト関連記事■

【虹プロジェクト】マヤ(勝村摩耶)はYGJ出身!wikiプロフィール・予選オーディション結果・経歴まとめ

2020年5月31日

【虹プロジェクト】リマ(横井りま)韓国語やラップが凄い!オーディション結果・プロフィールまとめ

2020年5月29日

横井りま(リマ)の家族・両親・兄弟紹介!父親はZEEBRAで母親はモデルの中村美和!【虹プロジェクト】

2020年5月24日
mako jyp

【虹プロジェクト】山口真子(JYP・マコ)の歌とダンスがヤバい!年齢・経歴・wikiプロフィールまとめ

2020年4月26日

ミイヒ(虹プロジェクト)プロフィール|歌「nobody」とダンスが凄い!韓国JYP大絶賛

2020年4月24日
スポンサーリンク