石川みなみの出身大学は早稲田!ワセコレ時代の可愛すぎる画像を大公開!【アナウンサー】

2020年4月入社の日テレ新人アナウンサー「石川みなみ」さん。

“初々しいチャーミング”な”笑顔とかわいいルックス”で早くも視聴者の心を掴んでいますが、実は昔から注目されていたんだとか。

早稲田大学では、Waseda Collection(通称「ワセコレ」)のモデルとして活躍していました。

今回は、

  • 早稲田大学時代のエピソード
  • ワセコレ出場理由や秘蔵画像

を中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク

【石川みなみ】早稲田大学の出身!

石川みなみアナウンサーは、慶応義塾大学と並ぶ有名私立大学「早稲田大学」教育学部・教育学科を卒業しています。

2020年4月には、『好きなアナウンサーランキング』で殿堂入りを果たした水卜アナがいる日本テレビに入社しています。

ishikawaminami

早稲田大学は、アナウンサー出身ランキングで慶応義塾大学に次ぐ「第2位」で、後に、上智大学、青山学院大学が続いています。

早稲田大学出身のアナウンサー

  • 馬場典子 (日テレ)
  • 宮崎宣子 (日テレ)
  • 羽鳥慎一 (日テレ)
  • 八木亜希子 (フジテレビ)
  • 菊間千乃 (フジテレビ)
  • 宮澤智 (フジテレビ)
  • 岡副麻希 (セントフォース) など

毎年、キー局だけでも相当数のアナウンサーが同校出身で誕生しています。

早稲田大学には、大規模な「放送研究会」という伝統的なサークルもあるので、放送やアナウンス技術を学んだり、マスコミ系のコネクションを作るのに長けてる大学のようです。

スポンサーリンク

【石川みなみ】早稲田大学を目指したきっかけは?

石川みなみアナは、実は、早稲田大学への入学前から「将来はアナウンサーになる」と決めていました。

きっかけは、中学生時代に箱根駅伝の”実況”に大きな勇気を貰ったからだとか。特に、増田明美さんには感銘を受けたそうです。

『石川みなみアナの人生を変えた「実況」』

“一般受験で早稲田大学に入学した選手が、努力を重ねてメンバー入りを果たし、最初で最後の箱根路を走っている”  (引用:日テレ)

中学時代、全国大会に出場するほどの強豪校で「駅伝」を頑張っていたけど、補欠ばかりだった石川みなみさんは、この言葉にかなり救われたそうです。

陸上部時代の石川みなみアナ

テレビには映らない人や物事の”裏側”を『声』で伝え、人の心を動かすアナウンサーという仕事を志すようになったと語っていました。

この原体験によって、実況で登場した”早稲田大学”というフレーズを強烈に脳内インプットされた結果、『同大学を卒業してアナウンサーになること』が大きな夢になったそうです。

スポンサーリンク

【石川みなみ】早稲田コレクション”ワセコレ”に出場していた!

中学時代からの目標だった「早稲田大学」入学のきっぷを勝ち取った石川みなみアナは、次のステップに踏み出します。

2017年、早稲田大学で最大の学生ファッションショー「Waseda Collection」通称、”ワセコレ”モデルになることを決意しました。

きっかけは、ワセコレの運営団体ワセプロの方と授業が一緒になり、声をかけられたからだとか。

さらに、現役アナの岡副麻希さんが「ワセコレモデルOB」ということを知り、『将来の糧になるかも』と思い、大役を引き受けることにしました。

当時の貴重な動画がSNSでアップされていました。

モデルさながら、堂々ランウェイを歩いてる姿がカッコイイですね。

笑顔がとってもチャーミングで、かつ、小顔美人ですね。

『ワセコレとは』
ワセジョは地味でダサいというイメージを払拭(ふっしょく)し、オシャレで華やかで個性的なワセジョの魅力を発信することを目的にしたファッションショーのこと。

思い切ってワセコレに出演した石川みなみさんですが、その後の日常生活では、ちょっとした”いい変化”があったんだとか。

  • 適当な格好で学校に行けなくなった (笑)
  • ファッションやメイクのレベルUP
  • ジムに通ってダイエット
  • 間食を減らして、スタイルキープ

結果、オシャレ技術が洗練され、さらにショー前後の2カ月で7kgも体重を落とせたそうです。

自信を”初志貫徹人間”と表現する石川みなみさんですが、本当にその言葉どおりの行動をしていますね。

スポンサーリンク

【石川みなみ】早稲田大学サッカー応援アンバサダー就任!

ワセコレ以外の行事にも積極的に参加してきた石川みなみさん。

2019年には『早慶サッカー定期戦~早慶クラシコ~』の応援マネージャーに就任。競技自体はもちろん、コート外の”美人マネージャー対決?”にも注目が集まっていたようです。

ちなみに、慶応マネージャーの渡邊渚さんは、現在、フジテレビの新人入社しアナウンサーとして活躍してます。

かなり精力的に応援マネージャーとして、活動していました。

高校まで本気で「陸上」に取り組んでいた石川アナは、大学スポーツへの関心が高かったのでしょう。

こんなマネージャーいたら、男子部員は特に気合いが入りそうですね。

スポンサーリンク

【石川みなみ】早稲田大学を飛び越え、幅広い視野で活動

大学入学と共に、5歳から13年間続けてきた「陸上」から離れた石川アナは、大学生の特権でもある『自由な時間』を利用して、いろんなことに挑戦してきたそうです。

【石川みなみ】”海外留学”を経験

「大学生だからこそ、出来ること」を合言葉に、塾講師のバイトなどで資金を貯め、海外留学にチャレンジ。

大学1年時、夏はオーストラリアのメルボルン、冬はカナダのバンクーバーに語学留学し、英語力を磨いていました。

また、英語圏以外に、台湾にも短期留学していました。

さらに、2018年(大学3年)からは、カンボジアのプロサッカーチーム「SOLTILO Angkor FC」の公式アンバサダーに就任。

SOLTILO Angkor FC
「サッカーを通じて、夢や希望を」を理念とし、本田圭佑が実質的オーナーを務めるクラブ。カンボジアサッカー1部リーグ所属

カンボジアの教育現場を体感しつつ、SNSを活用して同クラブの”広報活動”に取り組んでいました。

また、「選手インタビュー」も積極的に行い、アナウンサー業に活きる経験を説教的に行っていました。

本当に行動力が凄いですね。

スポンサーリンク

【石川みなみ】”アナウンサースクール”に通う

大学1年生の頃から、新井恵理那、皆藤愛子など人気局アナを数多く抱える「セントフォース」直営のアナウンススクール「cent.FORCE COLLEGE」に入会。

「アナウンサーになる」ために、発声・原稿読み・取材方法など必要なスキルを磨く努力を惜しみませんでした。

本当に行動力がある石川アナ。このメンタリティを支えているのは、尊敬する高橋尚子さんの言葉にあるとか。

『何も咲かない寒い日は、下へ下へ根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く』

アナウンススクールで修行を積んだ後、大学2年の頃からwebメディア「楽しいニュース.com」でニュースコーナーに出演しています。

目標に向かって着実にステップアップしてきたんですね。

幼少期からスポーツに励んでいた石川アナにとって、コツコツ努力を積み重ねることは、もはや「当たり前の習慣」だったのかもしれません。

スポンサーリンク

【石川みなみ】大学在学中にケンミンショーに出演していた!

2017年2月16日、石川みなみアナが大学2年(20歳)時には、「秘密のケンミンショー」の『広島美人を探せ』コーナーに出演。

「いきなりキュートな美肌美人に遭遇!」と紹介され、将来なりたい職業について質問されると「アナウンサーを目指している」と堂々宣言。

さらに、「どこの局?」という質問に対し、なんと『日テレ』と回答。

全国放送で自分の夢を語るのは勇気のいることですが堂々宣言し、見事に有言実行を果たしました。

石川みなみさんは、自身を”初志貫徹”人間と表現していますが、まさにその通りですね。

目標に向かってガンガン突き進むパワーで、日テレの大エースに成長していくことでしょう。

スポンサーリンク